エンジニア35歳定年説の風説

世間的には、この道のベテランと言われるエンジニアは20年とか30年ずっと特定の技術を使って活動している人の事だと言われている。 10年も満たずにベテランと言われてもおかしくない技術と知識を保有しているもしくは身に着けた人もいるが稀である。

転職の時や、実際にベテランと言われるような人やマネジメント職の人と話すと、素人(新卒)としてエンジニア(ここではIT関係の技術者)として活躍し所属する企業の戦力となるまでに20年以上という話が多かった。例外も実際にあるがやっぱりこの認識は今も変わらない。 そこで「エンジニア35歳定年説」だが何故にそのような説が言われ始めたのか、それは戦力になる歳月を逆算して定年までにどれだけの期間 戦力でいられるか雇い主の企業側が考えた結果だ。

企業側としてはなるべく早く、ベテランとして戦力になって欲しい鳴かず飛ばずなエンジニアには早く出て行って(辞めて)欲しいと言う 意見が大半だろうし現場で働くエンジニアも本音はそんなものだろう。 35歳でこれと言った知識と技術が身についていないと判定された人が再度頑張るとして20年・・・55歳。 定年はないと言われつつも定年を60歳として設定している社則は多い故に5年しか戦力に成らないとなれば採用を 見送るのは当然だろうし受け入れる現場も減る。 25歳以下でこれと言った知識と技術が身についていないと判定された人が再度頑張るとして20年・・・45歳以下。 戦力になってもらえる期間は15年だとするとエンジニア不足と言われる現状だと採用すると言う判断になるし受け入れる現場も多い。

エンジニア35歳定年説と言っても考えてみれば要は「年齢の壁」だ。年齢に伴う知識と技術がある人は困らないが、運悪く身に付かなかった 人や技術の波に乗り損ねた人は厳しい立場に追いやられるそれだけの事・・・・だから人をただ使い潰して捨てるような労働環境からは 早めに抜け出した方がいいし、配属の変更が効く大企業や中堅企業に勤めた方が有利であることはこれからも変わらないだろう。

人生を一発逆転したい目的はなんですか

不遇な人生を一発逆転するネタで職種を変える話題は昔からあります。 最近は情報商材やサロン関係で稼げるネタとして多く見られますが、そもそも人生を一発逆転したい人の目的が何なのかで 進むべき道は決まっているような気もします。

人生を一発逆転したい目的の殆どは「給与の上昇」「仕事内容の変更」「社会的地位向上」なのですが、その3つを一緒にして 語っているパターンが多く見受けられます。それに加えて流行りの職種を押す傾向も多くみられます・・・今は IT業界のエンジニアとかですかね?宅建もよく見ます。

推される職種がなぜ押されるかはよくわかりませんが1つ言えることは、「給与の上昇」と「社会的地位向上」が絶対なのであれば 公務員でも特別区の職員を目指しとけっです。採用試験に受かれば年収700万くらいは手堅いですし年功序列なので給与が 下がる事がなければ無能だからと言って追い出されることも、常に最新のキャッチアップを要求されることもありません。 公務員でも都内以外は残念な傾向にあるのはニュースで見ての通りなので公務員批判でも待遇面の時は、批判している人の 所属を知っておいた方が良いでしょう。公務員も安泰じゃないと言っても、浮き沈みが激しいIT業界のエンジニアに比べて 安定していますし「給与の上昇」と「社会的地位向上」にだけ興味があり他に興味がなければお勧めだと思います。

どんなに頑張っても競争社会で雑魚認定された人の給与と社会的地位は低くなって行くので・・・・。

ただ「仕事内容の変更」が目的で「この仕事に邁進したい、給与と社会的地位は二の次」と言う動機の人は公務員以外の 興味がある職種に全力を掛けると良いでしょう。ただ知っておいてほしいことは、どんな職種でも光と影があるってことです。 話題に上がるキラキラしたネタだけを頼りにしてしまうのは自分自身を不幸にしますよ。

変わらないSES派遣

xtech.nikkei.com

SES派遣は巷の評判通り、よくはないのですが・・・なぜかなくならない。 理由は人手不足なのと辞めていく労働者が多い影響で派遣会社が緩い採用基準で常時募集している状態だからです、 ただ年齢制限じみた所も当然ながらあるので40歳を超えた辺りで採用されにくくなります。 SES派遣で育った自称エンジニアは〇〇エンジニアと言えるほど深い知識がないし、マネジメント経験ありと言えるほど マネジメント経験もないので大半は抜け出せず転職活動をしてもまたSES派遣に戻ってくることがよくあります。 人が減ってもいなくなることはないんですよね、派遣会社にも採用されなくなった人は行方不明になるのでどうなったか知りません。 最近は外国人労働者を雇用している派遣会社も増えてきているので廃れることはないでしょう。 派遣先で何でもやらせることができるのもSES派遣の利点なので、職務範囲が曖昧な運用・保守の現場では特に需要があります。

コロナの影響もあって待遇の格差は悪い方向に広がりつつあります、リモートワークの対象外だったり正社員は 週三日リモートでもリモートでカバーしきれない業務は派遣社員が毎日出勤してやっていたり。 よく言われる現場ガチャの落差も大きいので良い現場で働けた人はラッキーですが、当たる確率は限りなく低いです。 理由は、良い現場ほど人が辞めにくいからです。

営業による部分もありますが、悪い営業は態度を改めることはありません。派遣社員が潰れようが辞めようが 雇って現場で一定期間働かせただけでお金が会社に入ることに変わりはないからです。 派遣元も新顔の派遣労働者より、付き合いがある派遣会社の営業を信じる傾向があるので不当な事があっても派遣労働者自体の 問題とされるだけなので、そもそも改める機会がありません。法律も有名無実化していますし。

自ら行動して抜け出すしかスキルアップの道がないのがSES派遣です、働ける内に勉強しましょうね。 昔から問題視されていますが改善される兆しはありません、労働者を使う側からすれば今の状態が最適解なので変わる訳がないんですよ。

高等学校情報科「情報Ⅱ」

www.mext.go.jp

この話題を見ると教材はよくできていても、受験システムの問題や教える側に対する教育が不十分で本来の趣旨が生かされない可能性が置いてきぼりにされている。特に高校は有名私立や公立の大学受験に強い学校ほど受験に関係のない科目は飛ばして授業と受験対策を行う。これは都道府県どこも同じ傾向にあると思う・・・・教える側もどうだろうか?最近の教師の過重労働っぷりは周知の事実な上に新たに導入される大学受験システムへの対策が進む中で新たな科目も「理解して生徒に教えろ」と言うのはあまりにも無理を強いている。

よってこれは「運用でカバー」のような弊害を生む可能性があると考えている、情報教育が属人化すれば地域ごとに情報教育の格差ができるだろう。優秀な生徒が集まる学校でないと授業スピードの問題で情報教育そのものが出来ないなんて事態も発生する。 MMOと違ってスキルブックを手に入れれば知識を網羅できるわけではない、教える教師の腕と教わる生徒の理解力次第で「糞みたいな教科」にも「ためになる教科」にもなる。

「運用方法とマニュアルは作った、あとはよろしくー」な状態では教育現場では十分に生かされず存在理由が問われる教科に堕ちるだろう。

なぜ出勤するのか

今、出勤することは命がけに近いような状態になってきている。

外出自粛が出てからモヤモヤと不満があったのだが考えがまとまらずにいた。

「給与保証しないと出勤する」とか「自分で判断できない奴は狂ってる」とか

どちらもその通りではあるが、なんだか根本的なモヤモヤが晴れないでいた。

 

なぜ俺らは出勤するのだろう?派遣社員もしくは正社員もしくは非正規でしかないのに。どうして出勤するのだろう。正社員でも高給と言えない人達も命がけで出勤しているし非正規や派遣なんて使い捨てされる立場なのに。なぜ出勤しているのか?

金が欲しいからって言う意見とか家族を支えるためとか、それでも感染したら金が尽きる可能性もあるし家族を死なせる可能性もある・・・・あまりしっくり来ない。

なぜ出勤するのか、金を稼ぐ方法は労働以外にもたくさんある(稼げるかは別にして)。

個人的に考えているのは、慣習の固定化に根本的な問題があるような気がした。

人に迷惑を掛けない・仲間を大切にする・他人を思いやる、これらは小学校入学時またはそれ以前から懇々と教えられて来たことだ。聞いたことがない人はまずいないと思う。

 

俺はそれを慣習と呼ぶことにしている、だって日本以外で上記3つを呪文のように子供に教えて和を乱さないようにしている国って早々ない(まだ5ヵ国しか海外旅行したことないけど)。

 

その教育は正しく日本社会に適応させる人を生み出すのに好都合だがコロナウィルスが蔓延している今では足かせになっている印象だ。

休むと出勤しないと「金が稼げない家族を支えられない以前に同僚に周りに迷惑を掛けてしまう」と考える人が大多数なのではないか?

ネット上は世間では言いにくい主張や意見が大きくなりがちで社畜の鑑と言われるような発言や主張をする人はごく少数だが一般的には上記の主張が多数を占めていると思う。

そして社会もそれで今のところうまく機能してしまっている、恐らく機能しなくなったときはインフラが維持できないレベルで壊滅的な打撃を受けた時だろう。

 

その状況を変えられるのは政府であるはずなのに何もしない自粛要請のみ、自分の頭で考えて出社を拒否した人は和を乱す危険因子と認知され社会から弾き出される恐れがあるだけに、おいそれと決断もできない。

決断できるポジションの人がポジショントークでドヤっている光景を見る。

 

あなたはそう言うが、自分の頭で考えて出社を拒否して会社から干されて辞めざる負えなくなった人に辞めた会社と同水準の会社に再就職するまでの生活資金を払えるんですか?

 

社会的に叩かれようと一番ダメージが少ない政府でないと現状を打破するのは不可能だと思う・・・一般の国民にそんな力はない、だから政府に要求しているのだが。

 

脱線した気がする、そもそもなぜ出勤をやめられないのか?それは日本社会全体が古い慣習に縛られ異論を良しとしない空気があるからだと考えている。

 

蛇足だが前回の選挙では自民党に入れてない。